過酷な季節でもふっくらモチモチ肌を維持できるアイテム!

化粧水だけでは肌の上に乗った保湿成分が乾燥してしまいます。
だから、「乳液」や「クリーム」でフタをするのです。

この「フタの役目」をするアイテムは、こだわった内容であればあるほど、過酷な季節でもあなたの肌は「ふっくらモチモチ」を維持することができるのです!

2種類の乳液をご紹介します。「両方とも使用しなければいけない!」ということはありませんので、ご自分の肌の状態にあわせて、どちらか一方をお選びください。

千年乳液

「千年乳液」オリザCE

この乳液が発売されたのは、40年も前のこと。「千年も愛用される内容を持つ乳液」との思いを込めて、世に送り出されました。当時から、ファンデーションをぬる前の「下地」として使用する人がとても多い乳液です!

→ 主要成分は・・・ビタミンC、ビタミンE、γ(ガンマ)-オリザノール。

トラブルのない理想的で健康的な肌になりたい!主要成分の3つは、そのためにあります。皮ふにより有効に作用するよう改良された、「持続活性タイプ」のビタミンC、ビタミンE、γ(ガンマ)-オリザノール がたっぷり配合されています。

ビタミンC(油溶性タイプ・持続活性型)=「酸化」に関係が深い成分です。皮ふメラニンの抑制としても広く知られるようになりました。乳液に相性よく配合できるよう改良してあります。

L-アスコルビン酸硫酸エステル二ナトリウム塩 =まったく、舌を噛みそうな長い名前です。でもこれは上記ビタミンCの機能をさらに高め、収性と安定性をよくした「すぐれものビタミンC」なんです。

イーミックス80=植物油から、膨大な時間をかけて抽出した天然タイプのビタミンEです。ビタミンCと同じく「酸化」に関係が深い成分です。原料費がめちゃめちゃ高いです。

γ(ガンマ)-オリザノール=ホルモンと似た働きをするのに「無害」 という成分です。老化予防などでも注目が集まりました。美白、日焼けによるシミ・ソバカス、肌荒れ・くすみ、小ジワが気になる方におすすめです!
千年乳液 オリザCE 33ml 本体・入れ替え共に販売を終了しました!

細胞膜乳液

「細胞膜乳液」リブリクイド

こんなに肌と調和する乳液が他にあるのでしょうか!いつの間にか肌に溶け込んだような感じになります。

「細胞お手入れ美容液」セルケア とペアで使えば、その機能が100%発揮されます!

→ まるで、皮ふの一部であるかのような「膜」を形成するんです!
→ その「膜」が肌を強化して、「若返り」に働きかけてゆくんです!


信じられないけれど、本当なんです!

→ 主要成分は・・・ホホバ油,スクワラン,アボガド油,カロット油,シコン抽出液,ミンク油,イーミックス80,γ(ガンマ)-オリザノール

たぶん、これだけの成分を配合して、こんなに手間ヒマかけて製造してこの価格という「乳液」は他にはないでしょう。

一日の仕事や家事で疲れた肌を、この乳液でうるおわてください!今までにない、ぜいたくで、リッチな至福のひとときとなりますよ!
細胞膜乳液 リブリクイド 本体・入れ替え共に販売を終了しました!



千年乳液は最初は独特の香りが気になりました。
でも、使って1ケ月が過ぎた今では肌の乾燥もなくなってきて買って良かったと思っております。
乳液の使用感が嫌いで、今まで使っていなかったのですが、千年乳液は、べとつかずいい感じです。
(大阪府 MO様 42歳)

まず、予算の少ない私の相談にのってくださり、有り難うございました。
細胞お手入れ美溶液 細胞膜乳液 白の水 …この3点を勧めてくださったことに感謝申し上げます。
この3点は、本当に素晴らしかったです。
「細胞膜乳液」も大好きになりました。使っていて気持ちよくなります。
これら3点の化粧品を使ってみて、一番気に入ったのが、使用後2時間経った肌の状態です。
表面はべたつきもせず、でもふっくら潤っているのです。
これからもできる限り、この化粧品を使っていきたいと思います。
アドバイス有り難うございました。
(東京都 RY様 39歳)

次世代の化粧水、細胞お手入れ美容液、細胞膜乳液などを購入しました。
使用してから約1ヶ月経ちました。
劇的な変化という程ではありませんが、変化があった事が何点かあります。
それは、まず吹き出物が出来にくくなった事、出来てもすぐなおってしまうのです。
あと、不思議ですが、美白用を使っている訳ではないのにシミが薄くなってきている事です。
使い続けている内に消えてくれる事を願っています。
(北海道 YT様 39歳)